mayumi-neの都life



カテゴリ:寺社( 34 )


三門の上に上がってきました ~総本山知恩院~

京都冬の旅~2014年~

都life4年目にして、初めて知恩院さんの三門にあがってきました


d0221844_84038100.jpg


           これはおととしの大みそか、除夜の鐘を聴きにいったときのshot

いままではこの大きな大きな三門を見るだけ(くぐるだけ)でしたが、
今回はいよいよ拝観料を払って(笑)2階にあがってきました

欄干からの景色は”絶景かな~”005.gifです
あ、でもこのフレーズは本当は南禅寺の山門からの石川五右衛門のセリフなんですけどね


そして内部がすごいのです

撮影禁止なのでwebから・・・
d0221844_846844.jpg


お釈迦様の仏門に入る以前の王子の像がご本尊です
見事な極彩色で描かれた壁画や天井画は400年ほど前の創建当時のままきれいに保存されています


うす暗い御御堂の中で手を併せて友の無事を祈ってきました

王子は「前にここに来たあの彼女だね、あのこならだいじょうぶだよ」って言ってたよ

006.gif
[PR]
by mayumi-ne | 2014-03-18 08:53 | 寺社

沙羅双樹〜諸行無常なのだ  妙心寺-東林院-

d0221844_2010466.jpg


ここは都の北西、妙心寺
その塔頭のひとつ、東林院です

ここは『沙羅双樹の寺』という名前のほうが有名かも…

去年にひきつづき、今年も観に(東林院的には「愛でる」といいます) 行ってきました^^


ことしはお花の数が多いようです

一日花、といわれる沙羅のお花の落花がたくさん。。。

d0221844_201035.jpg




お花の数にまけないほどたくさんの人が参拝にきてました^^


ここで『平家物語』の冒頭をおもいだしてみましょう・・・


祗園精舎の鐘の声、
諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、
盛者必衰の理をあらは(わ)す。
おごれる人も久しからず、
唯春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、
偏に風の前の塵に同じ。




沙羅は「ナツツバキ」の別称であり、梅雨時に一番下の写真のような白い椿のような花を咲かせる。
花は朝咲くと夕方には散るというというところから「一日花」とも言われるが、
「今日なすべきことを明日に延ばさず、確かにしていくことがよき一日を生きる道である」


という釈迦の教えと、「一日だけの生命を精一杯咲き尽くす」という沙羅の花とは相通ずるものがある。
 (webより拝借)



時は移ろうもの、過去のコトにとらわれず、いま、この時を懸命に、謙虚に、自分に正直に生きよう


・・・なんて、


わかっていても、なかなかむずかしいのよ。(笑;)

悟りの境地には至れない、煩悩まみれのmayumi-neなのあります(^_^;)




d0221844_2010252.jpg


d0221844_2010450.jpg

d0221844_2010596.jpg



                                                 2013.6.25
[PR]
by mayumi-ne | 2013-07-04 20:09 | 寺社

こけの寺苔寺、、、西芳寺~松尾~2013.6.27

d0221844_18353717.jpg







水無月・・・
ほんとうに今年の梅雨は雨が降りません

そう思って心配してたら、降りました
それも、けっこうしっかり(^_^;)

京都は少ない方でしたが、日本の各地で災害がでたり、人が亡くなったり…
おてんとうさまもコントロール不能!?
なかなか「ちょうどいい」加減、とはいかないようです。。。


わたしたちが苔寺に参拝が叶ったのは、そんな雨の日のちょうど合間となりました
前日に降った雨のおかげで、緑は濃く、潤いをたっぷり含み、しっとりした雰囲気を醸し出してくれていました
ありがたいことです



当日、松尾大社でお酒の神様に日頃の感謝を伝え、ご挨拶。
境内の茶店でそばと日本酒、そして名物のみたらし団子もいただき、
徒歩で西芳寺まで。。。やく15分の道のりでしたが静かな住宅地をぬけ、
水量たっぷりの水音を聴きながら西芳寺川沿いをしばしあるき、
だんだんと深緑の山門へと導かれて行きました


受付をし、まず本堂で写経をします

人生はじめての「写経」
墨を磨って筆で字を書くのは…いつ以来だろう……

始めはすこし手が震えました(^_^;)
でもけっこう集中して書きあげることができました
一時間くらいかかったでしょうか、tomoねえさまをお待たせしてしまいました


さぁ、
そのあとはお庭を拝観です

緑の苔で一面覆われたお庭をゆっくりと廻ってきました



d0221844_18353448.jpg

d0221844_18353541.jpg

d0221844_18353695.jpg

d0221844_18353697.jpg

d0221844_18353717.jpg

d0221844_18353729.jpg

d0221844_18353849.jpg

d0221844_18353940.jpg

d0221844_18353952.jpg

d0221844_18354051.jpg

d0221844_18354183.jpg




                                                   多謝
[PR]
by mayumi-ne | 2013-07-02 18:35 | 寺社

~ワレタダタルコトヲシル~竜安寺 2013.5.20

・・・ということで (笑)

圧倒的な緑の中に自分を置いてみたくなって

出かけた先は…


世界遺産『龍安寺』です

d0221844_1874383.jpg

じゃーーーーーん003.gif


修学旅行のがきんチョにもまけず、

Where are you from?ふ、ふぉーりなーズにもまけず、

行ってきましたとも!! 004.gif
d0221844_1873913.jpg

d0221844_1874032.jpg

d0221844_1874150.jpg

d0221844_1874351.jpg

d0221844_1874478.jpg



雨上がりの京都は蒸しむしとしており、
うっそうとした緑のなかを歩きながら、
小さな虫にもまとわりつかれ、いささか注意散漫、不機嫌気味のmayumi-neなのでした021.gif




そして、

ここが、

あの、

ゆうーーめーーーな石庭でごわす ↓ ↓ ↓



d0221844_187453.jpg



正しくは方丈庭園といい、庭一面に白砂が敷き詰められていまして~
草木は一本もなく、ただ15体の石を配置しただけのぉ、
我が国の代表的な枯山水の庭園です

禅の美を極めた75坪の空間なのでありま~~す。017.gif



d0221844_187484.jpg



10分ほど座って見てたんですが、

            ・・・なにも浮かんでこなかった007.gif

修行が足りん  のだ。



と、己を顧みたところで、この蹲に出会う。

d0221844_1874647.jpg

『ワレ タダ タル コトヲ シル(吾 唯 足 知)』


現状に不満ばかりいってはなりませぬ
生かされていることに感謝、
いま、この景色を観ていることに感謝、なのであります~~


d0221844_1874912.jpg



ところが


帰り道はひたすら寺前のソフトクリームを食べることを考えてたのでありました…026.gif

やっぱり
花よりも、
青紅葉よりも、

団子(アイス)  

オアトガヨロシイ?ヨウデ・・・040.gif
[PR]
by mayumi-ne | 2013-05-20 18:07 | 寺社

ゆきが降ったので…金閣寺

今朝、京都市内もうっすら白く雪化粧

あ、金閣寺、行こう

そう思いたって洛北行きのバスにのりました

d0221844_12101862.jpg



んー、ざんねん⁉

雪の金閣寺ではなかった…


でも、うしろに回ったら、、、

d0221844_12102155.jpg



屋根に雪がのこってました


ちらりちらりと降る雪のなか、
外国人に混じってお庭を散策


ほっこり、お抹茶いただいてきました

d0221844_12102395.jpg

[PR]
by mayumi-ne | 2013-01-18 12:06 | 寺社

十日なので、エビス

d0221844_9304865.jpg



べつに商売してるわけじゃないけど、
やはりここは行っておきたいp(^^)q  エビスさま

祇園にもあります、日本三大恵比寿神社の一社なんですよ~

きのうは十日だったせいか、夜8時の参道は大変なことになってました
ぎゅーぎゅーです
前にも後ろにも横にも動けなくて
前の人が進んだら自分も進む、それも1歩2歩…008.gif
そんなこんなで1時間以上かかってようやく鳥居下に。。。

d0221844_9304833.jpg


やっと撮った写真がこれでした ↑ ↑ ↑ 

ここからさらに30分くらいかかってようやく神様の前に042.gif

二礼二拍手(パンパン)一礼・・・5秒でした




d0221844_939423.jpg


昨年の春、かっちゃんともいきました
鳥居に籠がかかっててそこにお金を放り投げて入ったら縁起がいいんですって
かっちゃん3度目に入りました(*^^)v

この恵比寿さん、昨夜は白い布で隠されてました~
d0221844_9421183.jpg


いつもはこんな穏やかな顔で見守ってくださってるんですけどね~
001.gif


今年もい~~~~っぱい福が授かりますように。。。

欲張りなmayumi-neでしたっ
[PR]
by mayumi-ne | 2013-01-11 09:47 | 寺社

はや霜月にございまする ~お伊勢参りしてきました~

d0221844_10262735.jpg




                  月日の流るるは早きにて
                    まばたきしてる間に今年が終わろうとしてますww



今年の目標のひとつだったお伊勢参りがようやく叶いました(*^_^*)

  伊勢へ行きたい 伊勢路が見たい
  せめて一生に一度でも
  
  わしが国さは伊勢に遠い
  お伊勢恋しや 参りたや


江戸時代の伊勢音頭です 昔からお伊勢参りは日本人の憧れだったんですね~~


そして昨日の11月1日、満を持して!?わたくしmayumi-neは伊勢へisoisoと・・・


まずは二日前、旅行会社に出向き、パスポートをGET
d0221844_10383576.jpg

       『伊勢の神宮 正宮 別宮 おかげ参り ご朱印巡りきっぷ(¥6000)』です


京都(大阪)からの往復特急指定券(すでにこの段階で6000円超えなのでちゃらです065.gif)に、
現地でのバス乗り放題、いくつかの展示館無料がついてて、
しかも赤福3個食べれます
けっこう、かなりお得感あり(*^^)v ただし購入当日には使えませんので前日までに手配を!!


8時10分発の特急で約2時間、伊勢に到着です
昔の人は歩いてきたんですよね、5日くらいかけて…
便利なありがたい時代になりました

伊勢市駅前から外宮までは徒歩たった7分です

お昼まで2時間ほどありますからね~、ゆっくり参拝することができました

d0221844_11213179.jpg


敷地内に新設された『せんぐう館』(←無料券)で、来年に迫った”式年遷宮”についてお勉強もしました



そんなこんなしてるうちにお昼時になり、
名古屋のおともだちhaniwaちゃんからの耳より情報060.gif
素敵なフレンチレストラン『Bon Vivant』でランチをいただきました(一番上の写真↑)

参拝の恩恵をさっそく拝受できたようで006.gif

  外宮さんは豊受大神(とようけおおみかみ)をお祭りしてます
  お米を始め衣食住やエネルギーの恵みを与えてくださる産業の神様です




そして、乗り放題バス券をつかって移動、別宮の倭姫宮へ



倭姫宮は内宮と外宮の中間地点にあたる倉田山にあります
お宮さんや博物館など周辺をうろちょろしてたらバスを降りた場所に戻れず、
小一時間倉田山を散策することになりました(^^ゞ

 倭姫命(やまとひめのみこと)は皇大神宮を伊勢の地に創建したお方だそうで、
 すべてを良い方向に導いてくださる優しい女神として地元の人たちから篤く信仰されて
います




そしてまた無料バスにのっていよいよ内宮へ


内宮は皇室の御祖神(みおやのかみ)で日本国民の祖先の天照大神をお祀りしています
~以下資料より抜粋~
 およそ二千年まえの崇神天皇の時代まで皇居で祀られていた大神は、各地を巡られたのち
 五十鈴川のほとりで垂仁天皇の皇女の倭姫命に「ここに居たい」とお告げになりこの場所に
 鎮座されたと伝えられています



清澄な五十鈴川に架かる宇治橋をわたるとそこは神の住む杜・・・
五十鈴川で身を清め、その杜の中をゆっくりゆっくりすすみました

(あ、もちろん062.gifなんかきっちゃって、しばし俗世から離脱)


できればもう少し心静かにそこに居たいと思ってたんですが、
やはり観光地(^_^;)
ガイドさんつきの団体さんや手をつないであるくカップル、
七五三や結婚式の方々のグループなどなど、
大勢のひとが行き交う参道ではなかなか心鎮まりませんでした007.gif

修行が足りんな~



それでも内宮境内の摂社など廻り、1時間くらい過ごしました

d0221844_11212898.jpg



じつは参拝中ずっと樹木のあいだから陽射しが…
天照大神がわたしを見守ってくださっているような気がしてうれしかったな





ところが…内宮をでるとすぐに俗世!?

おかげ横丁なる商店がずらりとならぶ街並みに吸い込まれる仕組み
まぁ、”おかげさま”で赤福も(もちろん無料で)ぱくりといただけちゃいましたが。


こんな感じで25年ぶりのわたしの伊勢参りも無事に遂行

今後も幾度と足を運びたくなるような、いや、運ばざるを得ないような・・・




d0221844_11201368.jpg

                                                  


                                                  多謝
[PR]
by mayumi-ne | 2012-11-02 11:39 | 寺社

きれいな曼荼羅を拝観しました~鞍馬口『閑臥庵』~

今日はマンションのエレベーター点検日
9:30から11:30までエレベーターが使えません

家の中のことをせっせせっせとしなくてはいけまないんだけど、

たとえば、お布団を冬用に替えたりだとか
しまい込んだヒートテックの下着を出してたんすの衣替えをしたりだとか
録画してあったテレビ番組を消化するだとか
みっちーの新しいDVDを観るだとか(笑)
ブログを更新するだとか・・・

さ、いっこずつがんばろっ001.gif


さて、

今日は、先日下鴨へ珈琲豆を買いに行って
その足で立ち寄ったお寺さんの紹介です


場所は地下鉄烏丸線鞍馬口から東に歩いて10分ほどでしょうか
ちいさな、かわいいお寺で、

黄檗禅宗 瑞芝山 『閑臥庵(かんがあん)』というお寺です



d0221844_112426.jpg

                        門は竜宮城みたい


d0221844_1120420.jpg

d0221844_1215592.jpg



            境内、本堂へのアプローチ ライトアップする期間もよさげです
                  紅葉のころまた来なくちゃ、と思いました


d0221844_11203922.jpg

                        本堂の中からみたようす
                       (ご本尊は釈迦牟尼佛坐像)



そして・・・



d0221844_11241482.jpg

                         砂曼荼羅です


                観音菩薩さまが描かれています  「砂」で!!



d0221844_11242637.jpg


この砂曼荼羅は、開山330周年と御水尾法皇の法皇忌を記念し、チベット密教の高僧たちが来日し数日をかけて制作したものだそうです
本物?の砂曼荼羅は法要の際に掃き清められ跡形もないのですが、特別にコピー?の曼荼羅も制作していただき、大切に保管して、こうやって拝観させていただくことが可能なのです


あまりにも緻密で、あんまり綺麗なので長居してじーと観ていました


この時拝観してたのは私一人
お寺のかたも親切に接してくださり、「写メ撮ってもいいですよ~」って001.gif
普段は撮影禁止ですので、、、ご注意くださいませ

このお寺は精進料理でも有名なようで予約すれば京懐石普茶料理もいただけます
(残念ながら料金がわかりませぬ008.gif


d0221844_1124910.jpg


うつくしく手入れされたお庭をながめながら静かに精進料理なんて、いかがでしょう




このお寺には鎮宅霊符神さんもお祀りしてあります
こちらの鎮宅さんは十干十二支九星を司る総守護神で、陰陽道最高の神とされています
平安時代、円融天皇が「方除・厄除」の霊神として貴船に祀ったものを、安倍晴明に付託開眼させたと伝えられる金剛像です(残念ながら映像はなし007.gifけど、ちょっとビリケンさんに似てるかな?pepaちゃんにも似てるww)
狛犬さんの台座にも五芒星が刻まれてました☆



お寺をでたのは午後4時くらいだったかな

うっすら暮れかけた西陽をうけて閑臥庵の看板がひかってました
d0221844_1124552.jpg






















[PR]
by mayumi-ne | 2012-10-30 12:02 | 寺社

弥勒菩薩さまに会いに行きました~太秦広隆寺

先月のことですが

嵐電にのってランラン♪と菩薩様に会いにいってまいりました


d0221844_16245674.jpg

太秦広隆寺におられる 宝冠弥勒菩薩 半跏思惟像 さまです(写真は撮れないので資料から拝借しました)

口元に浮かべる微笑み 右手をそっと頬にあてて瞑想すお姿のお美しいこと 012.gif

東洋のモナリザともいわれているそうで、一目瞭然、納得の美しさです

この仏像は国宝第一号にも指定されています


そしておとなりにもう一体、半跏思惟菩薩様がおられました
d0221844_16245895.jpg

宝髻弥勒菩薩様です
こちらは体が小さくはかなくも物憂げ、涙をこぼしているようにみえることから「泣き弥勒」と呼ばれているようです


広隆寺は京都のお寺としてはそれほど大きなお寺ではなく、塔頭もありません
でもやはり境内はひろびろとしており、きれいに手入れされていて気持ちのよい処でした
しかし、日本書紀にも記述が残る古刹です
建立は西暦603年とも・・・

d0221844_16242170.jpg


d0221844_16245173.jpg




白い萩の花が気持ちよく風にゆれていました
d0221844_16252761.jpg




ふと前を見ると

彌生ちゃんbagをもったyounggirlが005.gif
d0221844_16241793.jpg


古きを訪ねて新しくを知ったmayumi-neなのでした042.gif
[PR]
by mayumi-ne | 2012-10-11 16:54 | 寺社

あざやかな緑で涼んできました~大原『蓮華寺』

d0221844_13545018.jpg




宝が池から大原にむかう街道沿いにひっそりと建つ『蓮華寺』

紅葉で有名なんですが、この時期はあんまり人もいなくて、ゆっくり拝観できます


JRのポスターにもなったことあったようです↓↓↓
d0221844_145126.jpg




ほんとに、静かで、こじんまりとしたいいお寺でした

応仁の乱で荒廃していたお寺を再建したのは加賀前田藩の家老、今枝近義だったそうで
不思議なご縁もかんじたりしてw


d0221844_1474029.jpg



d0221844_1494630.jpg




d0221844_1494929.jpg





今日も暑いですね008.gif

本当はちょっと遠出して明石のほうまでいってるはずだったんだけど、
今朝から体調がちょっと、ね・・・(-"-)
なので今日は一日自宅でおとなしくしてます

みなさまも、体調管理にご留意くださいませ~~ 
[PR]
by mayumi-ne | 2012-08-03 14:15 | 寺社


気の向くまま、足の向くまま、京の都を散歩します
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
最新の記事
・・・投稿できません(@_@;)
at 2015-02-18 17:37
初稽古 初点 茶の道は..
at 2015-01-29 12:14
母のオペ
at 2015-01-14 14:19
あけましておめでとう2015年
at 2015-01-04 20:56
2014年もありがとうござい..
at 2014-12-28 22:00
カテゴリ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧